勃起不全(ED)に勝つ!

男性ホルモンと勃起不全の関連

男性ホルモンと勃起不全

男性ホルモンという名前からして、不足すると勃起障害を引き起こしそうですが、ここでは男性ホルモンの役割と、不足したらどうなるのかなどを詳しく説明していきます。

 

まず、勃起するために絶対に必要な物質は一酸化窒素です。

 

その一酸化窒素をペニスに送り出すために必要な要素は、脳が性的刺激を受けること、血管が健康な状態であること、この大きく二つが挙げられます。

 

このうちの一つである、血管の健康に必要不可欠なのが、男性ホルモンなのです。

 

男性ホルモンが減ってしまうと、血管の健康を維持できなくなるだけでなく、酸化ストレスが抑えることができにくくなり、精神的に不安定になったり、性欲が低下、筋力の低下といった数多くの悪い症状が表れます。

 

しかし、ホルモンを自在に分泌することは難しいです。

 

なので、勃起障害の治療薬として、男性ホルモンである、テストステロンを投与するケースもあります。

 

男性ホルモンの役割としては、一酸化窒素を供給して血管の健康を保ち、筋肉を増強・精神を活発化・酸化ストレスを抑えるなどがあります。

 

男性ホルモンが減少する主な原因としては、加齢やストレスなどが挙げられますが、個人差があり、これといった原因もなく、考え方や性格でも大きく左右されるようです。

 

男性ホルモンが減少すると、勃起不全に陥りいやすいだけではなく、イライラや不安・集中力の低下・睡眠の質の低下・などがあり、うつ病の用の症状に悩まされることになります。