勃起不全(ED)に勝つ!

精力剤業界の発展

精力剤業界の発展

年齢をかさねるごとに、体内のホルモンバランスは変化します。男女ホルモンは更年期以降ホルモンの減退からくる勃起不全なども、その主たる兆候です。

 

また、ホルモン剤は女性の不感症には特効薬だとされています。欧米では女性ホルモンの取り扱い方法について、見直しが始まっています。

 

また、勃起不全に投薬を使用せずに完治させる方法も開発されています。VCDカンキといい、性器をポンプで吸引して、無理やりに勃起状態を引き起こすことのできる機材です。

 

初めは、おもちゃ的な販売が開始されましたが、その効果から、医用器具として認可が下り、今では保険の適応を受けることもできるようです。

 

また、合法ドラッグという言葉も、知らない人はいないでしょう。海外ではトリップ状態と作り出すことができる薬が、日本に入り込んでからは、性のモラルが下がったという。

 

日本の薬事法では、これらの合法ドラッグは「栄養補助食品」に当たります
服用することで、気分が肺になり、体に害がないというのが特徴です。しかし、その枠組みから外れているものが、出回っていることも確かです。

 

基本的には個人輸入代行の制度を利用して購入することができます。

 

このほかにも、サロンパスのように、貼るだけで効果が現れる男性ホルモン剤もあります。

 

このような動きに、今後に日本の性に関する問題はどのようなことが表面化するのでしょうか?