勃起不全(ED)に勝つ!

勃起不全と加齢臭の関連性

勃起不全と加齢臭

最近、加齢臭という言葉を聞くことが多くなってきていると思います。

 

これは、その人の汗のにおいなどが原因ではなく、酸化ストレスが原因です。

 

酸化ストレスとは、老化や食生活から、体の器官の酸化が進行することです。

 

特に血管は酸化しやすく、一度傷んだ血管は元には戻らないのです。

 

血管が老化してしまうと、血流が悪くなり、様々な病気を引き起こす原因となっています。その中にももちろん勃起不全も含まれています。

 

体内の酸化が進んでしまうと、活性酸素が増えてしまいます。この活性酸素が増えてしまうて、体内の脂肪分がノネナールという物質になります。加齢臭のにおいの原因はこのノネナールです。

 

一般的に加齢臭は、チーズ・干していない布団・カビ・古本・ろうそくといった匂いに似ていて、自身では気がつかないことがあります。

 

酸化ストレスが進行すればするほど、このナノネールは増えますので、加齢臭のにおいが強くなります。

 

それに伴い、勃起不全の確率もどんどん上がることになります。

 

加齢臭のにおいがきついということは、酸化ストレスもきついということと同じことだからです。

 

勃起不全は自分で気がつくことができますが、加齢臭は自分では気がつかないことがありますので、勃起不全に気が付いた方は、自身の加齢臭も疑った方がいいかもしれません。

 

ともに、酸化ストレスを減らすことが改善の方法となりますので、健康的な食生活や適度な運動を心がけるようにしましょう