勃起不全(ED)に勝つ!

酸化ストレスと勃起不全の関連

酸化ストレスと勃起不全

勃起不全の原因として挙げられる酸化ストレスですが、どのような状態のことを指すのでしょう?

 

酸化ストレスとは体内の活性酸素が多い状態のことを酸化ストレスが高い状態といいます。

 

このような状態の時は、体内の血管や神経や細胞に悪い影響が出ます。

 

さらに、活性酸素自身がDNAやミトコンドリアと傷つけます。

 

体内のあらゆる活動エネルギーを作り出しているのが、ミトコンドリアなので、少なくなると、様々な機能が低下して、老化を促進してしまいます。

 

さらに、傷んだ血管では勃起に必要な一酸化窒素を十分に分泌することができなくなってしiいます。

 

なので、酸化ストレスが多いと、老化が進むだけでなく、様々な機関の機能低下、もちろん勃起障害も心配しなければならなくなります。

 

酸化ストレスが影響する勃起不全

 

酸化ストレスが増えると体内の活性酸素も増えてしまい、血管や神経など様々な臓器が気付つけられてしまいます。

 

すると、血管から十分に一酸化窒素がペニスに送り込まれなくなるので、血管が膨張できず、勃起することがむつかしくなるのです。

 

酸化ストレスは、血管の異常が起因する様々な生活習慣病の原因といえます。

 

酸化ストレスの予防には、カップラーメンなどのフライめんや、作り置きしたものなどを多く食べてしまうと、体内が酸化ストレスにさらされる原因になりますので、まずは食事を健康的に献立に変えることから始められてはいかがでしょうか?