勃起不全(ED)に勝つ!

食生活と勃起不全の関連

食生活と勃起不全

内臓脂肪が増える原因はほとんどの場合が食生活にあります。

 

勃起不全患者さんの多くが、体の中の内臓脂肪が多いということはあまり知られていません

 

内臓脂肪が増えるとどうしても、血流の流れが全体的に悪くなり、勃起しようとしてもうまくいかなくなることがあります。

 

食生活の改善が解決への近道ですが、日本以上にアメリカでは今食生活について、特にファーストフードについて見直されています。

 

アメリカではファーストフードのことを別名「コンフォートフード」と呼び、直訳すると慰める食事という意味となります。

 

これは、ストレスが溜まっている人はファーストフードを好む傾向にあることから名前が考え出されました。

 

さらに、ファーストフードをほとんど毎日食べる人と食べない人とでは勃起不全の割合が3倍違いました。

 

このことからも食事は内臓脂肪と勃起不全の予防にとても関係があることがわかります。

 

ファーストフードがこれ以上浸透してはいけないと考えた、アメリカのロサンゼルスでは、一時、新規のファーストフード店の出店を認めない条例ができたほどです。

 

行政までもがそのジャンクフードを健康に問題ありと考えたということです。

 

しかも、ジャンクフードを食べる人は、仕事上のストレスを抱えている割合も高いので、もしもあなたがファーストフードを毎日食べたいと感じるのなら、勃起不全の傾向があるのかもしれません。