勃起不全(ED)に勝つ!

うつ病と勃起不全の関連性

うつ病と勃起不全の関連性

勃起不全とうつ病は、今ではどちらもとても有名な病気です。

 

この二つの病名を並べられても、関連があると考える人は少ないと思います。

 

しかし、専門家の報告では、勃起不全患者の約1割がウツ病にかかっているというデータが報告されています。

 

ストレスが原因

 

実は、うつ病の原因となる、体内の器官の酸化ストレスと、精神的な健康を損なう社会的なストレスはそのまま勃起不全の原因となるのです

 

環境による精神的なストレスが増えてしまうと、脳は本能的にストレスから逃避しようとします。

 

その頭皮現象がそのままうつ病へと進行します。しかし、その状態は、交感神経の活性化が日常化してしまいがちになり、副交感神経がうまく働かず、その結果、勃起不全の原因ともなります。

 

そのほかにも、老化や食生活などで体内の老化が進んでしまう、酸化ストレスも血液の流れが悪くなり、その結果、一酸化窒素が減少して、脳神経の情報処理速度が遅くなり、うつ病となります。

 

勃起には、必ず一酸化窒素が必要なのですが、酸化ストレスが原因で減少してしまうと勃起不全の兆候がみられるようになります。

 

このように、うつ病と勃起不全は原因が共通する病気だということがわかります。

 

うつ病と勃起不全で処方される薬は、原因が共通している部分が多いので、同じ働きのものが多くみられます。